どくだみを煎じて飲むお茶は、便秘に効くと広く知られているが、

どくだみを煎じて飲むお茶は、便秘に効くと広く知られているが、

飲み過ぎによってお腹をこわすことがあります。

 

 

でも村田園万能茶は、どくだみ以外にも何種類かの素材が使われたお茶であれば、どれか1つを飲み過ぎてしまうリスクはないです。

 

お茶でもなんでも食べ物は、健康にいいからといって一つのものをずっと摂り続けるとか1度に大量摂取するより、体に合う量をそれを続けることで症状の緩和や良好な状態になることを注意しましょう。

 

万能茶は、温めたものを朝に飲む習慣が効果を実感しやすいです。

 

もちろん、夜寝る前や昼間に水筒などに移し替えて時と場所を選ばずに飲んでもOKです。

 

大事なのは、続けることなんで、その点をお忘れなく。

 

もし、苦さや渋さが気になるならば、煮出す時間を短くても構いません。

 

はちみつで甘みを増したり、レモンで香りを付けたりしてもいいでしょう。

 

熱中症対策用に冷蔵庫で冷やしてアイスティーのようにして飲んでみるのもいいでしょう。

 

子供でも妊婦さんでも安心して飲むことができるのは、万能茶のメリットのと言えます。

 

日々の健康・美容・ダイエットに良い商品を利用したい人に普段の何気ない休憩時間の一杯として、万能茶はおススメですよ。

 

ふつうの健康茶は、原材料にある有効成分をしっかりと抽出するため長い時間で煮出す必要があり、そのため独特な苦みや渋味が感じられやすいのですが、万能茶は、ほど良い甘み、それと香しさが出るよう組み合わされています。

 

とは言え、味の嗜好性は様々なので、シロップや蜂蜜で甘味をつけたり、ミルクやレモン等と合わせたりして、美味しいと思える飲み方で楽しむことができます。

 

万能茶には中毒性があるセンナは使われておらず、どくだみ、はぶ茶、くま笹など、副作用の少ない整腸作用のある薬草からできています。

 

その点で不安なく飲めて、小腸や大腸に優しく効いてお通じを促すため、お通じに悩んでいる人や胃腸が弱いという自覚がある人におすすめできる商品です。

 

村田園の万能茶の原材料の柿の葉には、ビタミンCが豊富に含まれているため肌荒れやニキビの改善に効き目があります。

 

また、ハト麦は、たんぱく質やカリウム等がバランス良く含まれているため健康的な肌のために期待できます。

 

万能茶とは、いわゆる健康茶と呼ばれるもので、いろいろな自然由来の原材料が合わさっています。

 

生薬や漢方が少なくても16種類入っていて煮出しますが、その時の気分で体調や味の好みに合わせて煮出す時間を加減して、都合のいいように飲めます。

 

健康志向が流行っていますが、何かと忙しい人にとって万能茶は気軽に体に良い成分を摂れるので大変便利です。

 

しかし、万能といっても薬のような即効性はないため、毎日飲み続けることが大事です。

 

毎日続けるのが難しいと思う方もいるかもしれませんが、まずは1日1杯から続けることを念頭に始めていきましょう。

 

村田園の万能茶は、ハトムギ(食物繊維が多い)、ドクダミ(排便を促す)、腸の機能を改善する作用がある田舎麦などが配合されているので、便秘の改善に効果が期待できます。

 

それとハトムギやドクダミには、むくみを解消する効果もあるので、お通じ改善とともにデトックス効果が期待できます。

 

でも、万能茶はいわゆる健康茶ですから処方薬とは違い実感できる効果が数日で出るということではないです。

 

毎日地道に続けることが大切になります。

 

村田園の万能茶に含まれる天然素材は、美容のために「はと麦/桑の葉/柿の葉」の3種類、スッキリのために「ハブ茶/とうきび/大麦」の3種類、グズグズ解消とリラックスのために「桑の葉/アマチャヅル/ウーロン茎」の3種類、その他に大豆、くま笹、クコ、浜茶、どくだみ、甘草、甜茶の7種類の合計16種類です。

 

健康な体調を維持するの効能を発揮するお茶です。

 

自然由来の原材料で、人工添加物を使用していないお茶ですのでなお安心ですね。

 

 

 

page top