ドクダミ茶は便秘に効くと広く知られているが、飲み過ぎによってお腹をこわすことがあります。

ドクダミ茶は便秘に効くと広く知られているが、飲み過ぎによってお腹をこわすことがあります。

しかし、万能茶のようにどくだみ以外にも何種類かの素材が使われたお茶なので、どれか1つを飲み過ぎてしまうリスクはないです。

 

 

お茶に限らず、食品は健康にいいからといって特定の何か1つだけにこだわって規定以上にたくさん摂るのではなく、適量を毎日摂る、継続して摂ることが症状の緩和や良好な状態になることを注意しましょう。

 

万能茶はカフェインが入っていなので、赤ちゃんだって飲むことができます。

 

それに赤ちゃんにありがちな便秘の対策にもなります。

 

また、習慣づけることで糖分が多いジュースは飲まなくても済みます。

 

そうすれば、糖分の取り過ぎを気にすることもないので、虫歯を防げますね。

 

砂糖は入っていないけど甘さをほんのり感じることができるので、子供たちにも飲みやすくそれで子供にも好まれるお茶になっているのですね。

 

妊娠中でも出産後でも赤ちゃんから大人まで美味しくいただけるお茶です。

 

村田園万能茶は未病に効くお茶です。

 

天然の良質な原材料が使われています。

 

お肌などの美容に良い3種類の原材料、体の巡りに良い3種類の原材料、ぐずぐずをスッキリさせる3種類の原材料、その他と併せて16種類の健康に良い原材料が使われています。

 

こういった健康茶は効果を実感するため継続が必須で、苦かったりして飲みづらいと続かず効能を実感する前に諦めてしまうものも多々ありますが、村田園万能茶はそういった実感だけでなく、多くの方に支持される様に美味しくて飲みやすいから続けられると評判です。

 

万能茶は、一般の健康茶と同じく煮出すことによって有効成分を抽出します。

 

長い時間煮出すことで、有効成分がより抽出されますが、それが長時間だと渋さと苦さが強くなり、飲みにくくなるのも事実です。

 

ドクダミ茶のように茶葉から煮出すタイプは、沸騰したお湯に浸すだけで抽出されます。

 

ハトムギ茶のように種子から煮出すタイプは、水に素材を入れて火にかけ時間をかけじっくりと煮出さないと健康に良い成分を抽出できないのもあります。

 

植物の葉や花から作る健康茶は、5〜10分程度でほとんど抽出することができ、植物の種子や根茎など硬い原材料や大きくて厚さがある材料は、長い時間煮出すようにするのがセオリーです。

 

村田園万能茶には、ハトムギ(食物繊維が多い)、排便を促す作用があるドクダミ、田舎麦(整腸作用)、組み合わされているので、結果、便秘の解消に活躍します。

 

また、ドクダミやハトムギにはむくみを解消する効果もあるので、便秘解消と合わせてデトックス効果が期待できます。

 

しかし村田園万能茶はあくまで健康食品なので、薬と違って実感できる効果が数日で出るということではないです。

 

毎日地道に続けることが大切になります。

 

一般的に健康茶では、原材料にある有効成分をしっかりと抽出するため長い時間で煮出す必要があり、それによって苦さや渋さが強く出やすいのですが、万能茶は、ほど良い甘み、それと香しさが出るよう調合されています。

 

とは言え、味の嗜好性はそれぞれですので、ハチミツやシロップで甘みを加えたり、レモンやミルクなどと合わせたりして、自分の好みに合わせて飲むことができますよ。

 

村田園万能茶は健康状態を向上させる様々な栄養素が多く含まれています。

 

その中でもとくにビタミン、ミネラルが多く含まれ代謝を活発化させることにも期待できます。

 

これらを程よく少しずつ摂ることで、例えば肌トラブルの改善、風邪をひきにくい、アレルギー症状が楽になった、お通じが良くなった、など等、普段の生活に広く改善が期待できる健康茶として知られています。

 

万能茶は30年以上ににわたり、現在は年間300万本以上も売れている長寿商品です。

 

ノンカフェイン、ノンカロリーだから誰でも安心して飲めて、一袋で1杯200ミリリットルを120杯分作れるので、お得感が強いと思います。

 

最近は、健康志向の人が多いので手軽な健康茶が人気となっている傾向で、村田園万能茶は多くの人に愛されている商品です。

 

 

 

page top