万能茶とは、いわゆる健康茶といわれる飲み物で、様々な天然素材が配合されています。

万能茶とは、いわゆる健康茶といわれる飲み物で、様々な天然素材が配合されています。

16〜20種類もの生薬や漢方が入っていて煮出しますが、好みやその時体調に合わせて煮出す時間を加減して、自分に合った状態で飲むできます。

 

 

健康志向が流行っていますが、忙しい現代人にとって村田園の万能茶は手軽に体に良い成分を摂れるので大変便利です。

 

とは言え「万能」茶ですが、薬のような即効性はないため、毎日飲み続けることが大事です。

 

毎日飲むのは厳しいなと気が引けるかもしれませんが、まずは1日に1杯だとしても続けることを念頭に始めていきましょう。

 

ダイエットには、食べたものをお腹に溜めておかないという考え方があります。

 

万能茶の素材にあるとうきび、大麦、ハブ茶の基本作用により腸内を活性化させることが期待できます。

 

他に16種類の野草や和漢植物、穀物を配合することで、体に優しい飲み物になっています。

 

なぜなら、これらは排泄をよりサポートし、おなか周りがスラっとしてくると期待できるわけです。

 

また、やかんで大量に作るだけで、作り置きして飲みたいときに飲めるという気軽さは、ダイエットは継続することが大切という点をカバーしています。

 

一般的に健康茶では、原材料にある有効成分を十分に抽出するために煮出す時間は長めである必要があって、それによって苦さや渋さが強く感じられやすいのですが、村田園万能茶はほのかな甘味と香ばしさになるように組み合わされています。

 

もちろん味の好みはそれぞれですので、ハチミツやシロップで甘味をつけたり、レモンやミルクなどと一緒に飲んだり、美味しいと思える飲み方で飲むことができますよ。

 

万能茶は1982年から販売され、現在も多くの方に愛されているロングセラー商品です。

 

カフェインもカロリーもゼロですので、誰でも安心して飲めて、一袋で1杯200ミリリットルを120杯分作れるので、お得感が強いと思います。

 

健康志向の現代では、手軽に飲める健康茶が主流になりつつある背景もあり、村田園の万能茶はたくさんの人に愛飲されている健康茶です。

 

村田園万能茶には、ハブ茶が使われています。

 

ハブ茶は、酷い便秘の際に処方される漢方薬です。

 

ハブ茶にはアントラキノン誘導体が含有しているからです。

 

その成分は胃で吸収されず、腸内運動を活発にして便をゆるくしてくれます。

 

また、とうきび(とうもろこし)や大麦は、それらは食物繊維を多く含みますからこちらも排便の役に立ちます。

 

さらに大麦にはカリウムもあるので利用の作用があり、適切な排尿は体の巡りを良くします。

 

キチンと消化して出すべきものは出す、という点で優れていますね。

 

村田園村田園の万能茶だけでなく、今まで健康飲料などに手を出したことがなかったという人は、炭酸飲料だけ飲むと健康に良くないけど、麦茶や緑茶などを飲むのであれば資質や糖質が余分に入っていないのでそれで十分なのでは?

 

と考えられている人が少なくありません。

 

でも村田園万能茶の特徴を知ると驚きます。

 

美味しいし飲みやすいし一日に何度か毎日飲んでも飽きないし、それと体に良い原材料がたくさん入っているからです。

 

WEB限定パッケージの万能茶は一包18グラムで約1リットルのお茶を煮出すことができ、おおむね1日の水分補給が賄えます。

 

ミネラルやビタミンを多く含むため倦怠感を軽くすることができます。

 

心身ともに効果のある健康茶というわけです。

 

創業35周年記念のボタニカルセットは、500円で村田園村田園の万能茶18g×5個と健康十二穀米2つは付きますので、自分の体に合うかどうか分からないからと定期購入を決められない方には大変嬉しい内容です。

 

どくだみを煎じて飲むお茶は、便秘解消のお茶として販売されていますが、飲みすぎるとお腹が緩くなることがあります。

 

しかし、万能茶のように何種類かの素材がブレンドされたお茶なので、どれか1つを飲みすぎることはありません。

 

お茶に限らず、食品は美容や健康にいいと言われても一つのものをずっと摂り続けるとか1度に大量摂取するより、体に合う量をそれを続けることで目的がかないやすいと覚えておきましょう。

 

 

 

page top