万能茶にはセンナ(中毒性あり)は使われておらず、どくだみ、くま笹、

万能茶にはセンナ(中毒性あり)は使われておらず、どくだみ、くま笹、

はぶ茶など、副作用の少ない整腸作用のある原材料が使われています。

 

 

その点で不安なく飲むことができ、小腸や大腸に優しく効いてお通じを促すため、それに悩んでいる人、胃腸が弱いという自覚がある人にお勧めできるお茶です。

 

万能茶の原材料の柿の葉には、ビタミンCが多く含有し、肌トラブルに効き目があります。

 

それとハトムギには、たんぱく質やカリウム等がバランス良く含有しているため美肌作りには期待できます。

 

村田園の万能茶は、温めたものを朝に飲む習慣が効果的です。

 

夜お休み前や昼間に水筒などに移し替えて時と場所を選ばずに飲んでもOKです。

 

大事なのは、無理せずに続けることです。

 

もし、苦さや渋さが気になるならば、やかんで煎じる時間を短くても構いません。

 

はちみつで甘みを増したり、レモンで風味を変えたりしてもいいでしょう。

 

暑い日には、冷やした経口補水液の代わりとして愛飲してもいいですね。

 

普段飲むお茶を村田園の万能茶にするだけで変化が起きるのです。

 

この万能茶を飲むことで、意識することなくたっぷりの薬草や穀物類の人の体に優しい成分を摂ることができます。

 

自然由来の素材の成分のおかげで、女性の悩み(便秘、むくみなど)の改善になって身体が軽くなる感じです。

 

WEB限定パッケージの万能茶は一包18グラムで約1リットルのお茶を煮出すことができ、おおむね1日の水分補給が賄えます。

 

ミネラルやビタミンを多く含むため倦怠感を軽くすることができます。

 

心身ともに効果のあるお茶なのだと思います。

 

創業35周年記念のボタニカルセットは、村田園村田園の万能茶5包に十二穀米2パックで500円(税込・送料無料)ですので、自分の体に合うかどうか自信がないと定期購入を決められない方には都合の良い企画です。

 

万能茶に含まれる天然素材は、美容サポートに良いとされるはと麦、桑の葉、柿の葉の3種類、スッキリをサポートするハブ茶、とうきび、大麦の3種類、グズグズ解消とリラックスのために「桑の葉/ウーロン茎/アマチャヅル」の3種類、それと「大豆/浜茶/どくだみ/甘草/甜茶/くま笹/クコ」を合わせて全部で16種類です。

 

健康な体調を維持するの効能を発揮するお茶です。

 

自然由来の原材料で、人工添加物を使用していないお茶ですのでなお安心ですね。

 

どくだみを煎じて飲むお茶は、便秘解消のお茶として販売されていますが、飲み過ぎによってお腹が緩くなることがあります。

 

でも万能茶は、何種類かの素材がブレンドされたお茶なので、どれか1つを飲みすぎることはありません。

 

お茶に限らず、食品は美容や健康にいいと言われても特定の何か1つだけにこだわって規定以上にたくさん摂るのではなく、適量を毎日摂る、それを続けることで症状の緩和や良好な状態になることを覚えておきましょう。

 

痩身志向は、しっかり食べて不要な分はきちんと排出するという考え方があります。

 

村田園の万能茶に使われているハブ茶、とうきび(とうもろこし)、大麦の基本作用により腸内運動が活発化されます。

 

併せて16種類の野草や和漢植物、穀物を配合することで、健康維持に最適な飲み物になっています。

 

これらの成分のおかげで、排泄をよりサポートし、結果的にはお腹の見た目が、スッキリすると期待できるわけです。

 

それにやかんや鍋で1回に数リットル作れますので、ホットでもアイスでも飲むことができる手軽さは、継続的な努力で痩身を実現するという点をカバーしています。

 

万能茶は甜茶が使われています。

 

甜茶はマグネシウムを含んでいて、一般的にマグネシウムは、便を柔らかくする作用があると言われ、医療機関で処方される便秘解消の薬として利用されるミネラルの一種です。

 

それとドクダミも使われていて、以前からドクダミを煎じて飲むと便秘が改善できると広く愛飲されています。

 

同じように田舎麦は胃腸の機能を改善し、それととうきびとウーロン茶は食物繊維を含むので、万能茶は便秘対策に有効と評価が高いのです。

 

それぞれ、単品のお茶として飲んでも便秘解消の効果がある訳ですが、万能茶は同時に飲めることで素材同士が助け合う形で便秘解消に役立つのではないかと思います。

 

 

 

page top