万能茶のボタニカルセットは一包18グラムで約1リットルのお茶を煮出すことができ、

万能茶のボタニカルセットは一包18グラムで約1リットルのお茶を煮出すことができ、

1日分の水分がこれで摂取できます。

 

 

ビタミンやミネラルが豊富なため疲労感を軽減させるにも良いのですね。

 

心身ともに効果のある健康茶というわけです。

 

創業35周年記念のボタニカルセットは、500円で万能茶18g×5個と健康十二穀米2つは付きますので、本格的に飲み続けることができるかどうか分からないからと定期購入を決められない方には都合の良い企画です。

 

万能茶は、普通の健康茶と一緒で素材を煮出すことで健康に良い成分を得ます。

 

煮出せば煮出すほど健康に良い成分がたくさん抽出できますが、長い時間煮出すと苦味と渋みが強調されて、飲みづらいことも良くあります。

 

茶葉から煮出すドクダミなどは、お湯が沸騰していれば浸すだけで、それなりに抽出できます。

 

ハトムギ茶のように種子から煮出すタイプは、水に入れて火にかけて時間をかけじっくりと煮出さないと有効成分を抽出しにくいものもあります。

 

植物の葉や花から作る健康茶は、10分以下で抽出されるものがほとんどで、植物の種子や根茎など硬い原材料や大きくて厚さがある材料は、長い時間煮出すことが基本です。

 

ふつうの健康茶は、原材料にある有効成分をしっかりと抽出するため長い時間で煮出す必要があり、そのため独特な苦みや渋味が出やすいのですが、村田園の万能茶はほのかな甘味と香ばしさになるように調合されています。

 

もちろん味の好みはそれぞれですので、ハチミツやシロップで甘みを加えたり、レモンやミルクなどと一緒に飲んだり、美味しいと思える飲み方で楽しむことができます。

 

万能茶だけでなく、これまで健康茶などに試したことがなかった人は、ジュースばかり飲むのは体に良くないけれど、日本茶などであれば、資質や糖質が余分に入っていないのでそれで十分なのでは?

 

と思っている人が少なくありません。

 

でも万能茶の特徴を知ると驚きます。

 

美味して飲みやすく、一日に何度か毎日飲んでも飽きないし、そして健康にも良い成分がたくさん入っているからです。

 

万能茶にはセンナ(中毒性あり)は使われておらず、どくだみ、はぶ茶、くま笹など、副作用の少ない整腸作用のある原材料が使われています。

 

そういった意味で安心して飲むことができ、小腸や大腸に優しく効いてお通じを促すため、お通じに悩んでいる人や胃腸が弱いという自覚がある人にお勧めできるお茶です。

 

村田園の万能茶の原材料の柿の葉には、ビタミンCが多く含有し、肌トラブルに効き目があります。

 

また、ハト麦は、タンパク質・カリウムなどが都合よく含有しているため美肌作りには期待できます。

 

村田園万能茶はカフェインを含む素材は不使用ですから赤ちゃんだって飲むことができます。

 

それに赤ちゃんの便秘対策にもなります。

 

小さい頃から習慣にすれば、子供に好きそうな甘いジュースを飲み過ぎの防止ができます。

 

すると過剰な糖分を心配することもなく、虫歯予防にもなりますね。

 

砂糖は入っていないけど甘さをほんのり感じることができるので、子供たちにも飲みやすく人気が高いのもうなづけますね。

 

妊娠中でも出産後でも赤ちゃんから大人まで美味しくいただけるお茶です。

 

万能茶は、健康飲料と呼ばれるもので、様々な天然素材が配合されています。

 

生薬や漢方が少なくても16種類入っていてやかんで煎じたりしますが、好みやその時体調に合わせて煮出す時間を加減して、都合のいいように飲むできます。

 

健康食品が注目されている中、忙しい現代人にとって万能茶は気軽に健康成分を摂取できるので大変便利です。

 

とは言え「万能」茶ですが、薬のような即効性はないため、少しずつでも続けることが大切です。

 

毎日飲むのは厳しいなと思う方もいるかもしれませんが、まずは1日に1杯だとしても続けることを念頭に始めていきましょう。

 

痩身志向は、食べたものをお腹に溜めておかないというのが理想です。

 

村田園村田園の万能茶の素材にあるハブ茶、とうきび(とうもろこし)、大麦の基本作用により腸内運動が活発化されます。

 

併せて16種類の穀物、和漢植物、野草などを合わせ使うことで、体に優しい飲み物になっています。

 

なぜなら、これらは排泄をよりサポートし、結果的にはお腹の見た目が、スッキリすると期待できるわけです。

 

それにやかんや鍋で1回に数リットル作れますので、ホットでもアイスでも飲むことができる手軽さは、ダイエットは継続することが大切という点をカバーしています。

 

 

 

page top