万能茶のボタニカルセットは1パックで1Lのお茶が作れるので、

万能茶のボタニカルセットは1パックで1Lのお茶が作れるので、

おおむね1日の水分補給が賄えます。

 

 

ミネラルやビタミンを多く含むため倦怠感を軽くすることができます。

 

疲れが取れてリラックスできる健康茶というわけです。

 

創業35周年記念のボタニカルセットは、万能茶5包に十二穀米2パックで500円(税込・送料無料)ですので、自分の体に合うかどうか分からないからと躊躇されている方には大変嬉しい内容です。

 

痩身志向は、しっかり食べて不要な分はきちんと排出するというのが理想です。

 

村田園の万能茶に使われているとうきび、大麦、ハブ茶の基本作用により腸内運動が活発化されます。

 

併せて16種類の野草や和漢植物、穀物を配合することで、体に優しい飲み物になっています。

 

なぜなら、これらは排泄をよりサポートし、結果的にはお腹の見た目が、スラっとしてくると楽しみなわけです。

 

それにやかんや鍋で1回に数リットル作れますので、ホットでもアイスでも飲むことができる手軽さは、ダイエットは継続することが大切という点を基本事項もカバーしています。

 

万能茶に含まれているハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、排尿を促す作用があります。

 

その作用によって過剰な水分はため込まれることなく、体のむくみの解消に期待できます。

 

ただし、むくみの解消目的であれば必ず温めてから飲むこと、冷たい状態で飲むと胃腸が冷えて体の巡りが良くないことの恐れがあります。

 

こういったことから多くの女性が持つ足や顔のむくみを改善する村田園万能茶は、日々の生活に疲れた女性におすすめしたいと思います。

 

どくだみを煎じて飲むお茶は、便秘に効くと広く知られているが、飲みすぎるとお腹が緩くなることがあります。

 

しかし、万能茶のように何種類かの素材がブレンドされたお茶なので、特定の1種類を飲み過ぎてしまうリスクはないです。

 

お茶に限らず、食品は美容や健康にいいと言われても特定の何か1つだけにこだわって規定以上にたくさん摂るのではなく、体に合う量をそれを続けることで症状の緩和や良好な状態になることを注意しましょう。

 

万能茶は、温めたものを朝に飲む習慣が効果を実感しやすいです。

 

もちろん、夜寝る前や水筒で携帯して時と場所を選ばずに飲んでも大丈夫です。

 

大切なことは、続けることなんで、その点をお忘れなく。

 

苦みや渋みが苦手であれば、煮出す時間を短くても構いません。

 

蜂蜜で甘くしたり、レモンで風味を変えたりしてもいいでしょう。

 

熱中症対策用に冷やした経口補水液の代わりとして愛飲してもいいですね。

 

村田園万能茶はカフェインが入っていなので、赤ちゃんだって飲むことができます。

 

それに赤ちゃんにありがちな便秘の対策にもなります。

 

また、習慣づけることで糖分が多いジュースは飲み過ぎの防止ができます。

 

すると過剰な糖分を気にすることもないので、虫歯を防げますね。

 

砂糖は入っていないけど甘さをほんのり感じることができるので、子供たちにも飲みやすくそれで子供にも好まれるお茶になっているのですね。

 

妊娠中から産後、赤ちゃんから大人までずっと飲み続けることができるお茶です。

 

一般的に健康茶では、それに含まれる有効成分をしっかりと抽出するため煮出す時間は長めである必要があって、それによって苦さや渋さが強く出やすいのですが、万能茶は、ほど良い甘み、それと香しさが出るよう調合されています。

 

もちろん味の好みはそれぞれですので、ハチミツやシロップで甘みを加えたり、ミルクやレモン等と一緒に飲んだり、美味しいと思える飲み方で楽しむことができます。

 

村田園の万能茶に使われる素材には、ハブ茶もあります。

 

ハブ茶は、酷い便秘の際に処方される漢方薬です。

 

なぜ、ひどい便秘に良いかというとアントラキノン誘導体が含有しているからです。

 

アントラキノン誘導体は消化されずに小腸まで届き、腸内運動を活発にして便をゆるくしてくれます。

 

それに大麦やとうきびも使われていて、それらには食物繊維が多く含みますからやはり腸の活動の助けになりますよね。

 

大麦にはカリウムも含まれいて利尿作用が期待でき、適切な排尿は体の巡りを良くします。

 

キチンと消化して出すべきものは出す、という働きは良いですね。

 

 

 

page top