万能茶を飲むのは、朝ホットで飲み続けると効果的です。

万能茶を飲むのは、朝ホットで飲み続けると効果的です。

夜お休み前や水筒で携帯して時と場所を選ばずに飲んでもOKです。

 

 

大切なことは、続けることなんで、その点をお忘れなく。

 

もし、苦さや渋さが気になるならば、やかんで煎じる時間を数分にしてもいいでしょう。

 

はちみつで甘みを増したり、レモンで香りを付けたりしてもいいでしょう。

 

熱中症対策用に冷蔵庫で冷やして経口補水液の代わりとして愛飲してもいいですね。

 

万能茶はカフェインを含む素材は不使用ですから赤ちゃんも飲むことができるうえ赤ちゃんにありがちな便秘の対策にもなります。

 

小さい頃から習慣にすれば、糖分が多いジュースは飲み過ぎの防止ができます。

 

すると過剰な糖分を心配することもなく、虫歯予防にもなりますね。

 

砂糖は入っていないけど甘さをほんのり感じることができるので、子供たちにも飲みやすくそれで子供にも好まれるお茶になっているのですね。

 

妊娠中から産後、赤ちゃんから大人まで美味しくいただけるお茶です。

 

村田園の万能茶に含まれる天然素材は、美容サポートに良いとされるはと麦、桑の葉、柿の葉の3種類、スッキリのために「ハブ茶/大麦/とうきび」の3種類、グズグズ解消とリラックスのために「桑の葉/アマチャヅル/ウーロン茎」の3種類、その他に大豆、くま笹、クコ、浜茶、どくだみ、甘草、甜茶の7種類の合計16種類です。

 

健康な体調を維持するの効能を発揮するお茶です。

 

天然素材で、人工的に合成していないお茶ですのでなお安心ですね。

 

村田園万能茶はカフェインが入っていないので、妊娠されている方も不安なく飲むことができます。

 

カフェインフリーの飲み物は割高なものが多いですが、万能茶はコスパにも優れているので、その点でも安心できます。

 

それに美容にいいと言われる成分、スッキリに毎日導きダイエットのサポートとなる成分、気持ちをリラックスさせる成分も含まれています。

 

そのため、産後の美容対策、ダイエット、イライラ対策にいただくのもとっても向いていますね。

 

万能茶にはセンナ(中毒性あり)は使われておらず、どくだみ、くま笹、はぶ茶など、整腸作用があって副作用の少ない原材料が使われています。

 

その点で不安なく飲むことができ、腸に優しくゆるやかにお通じを促すため、それに悩んでいる人、胃腸が弱いという自覚がある人にお勧めできるお茶です。

 

村田園万能茶の原材料の柿の葉は、ビタミンCが多く含有し、肌トラブルに効果があります。

 

また、ハト麦は、タンパク質・カリウムなどが都合よく含まれているため美肌作りには期待できます。

 

WEB限定パッケージの万能茶は1パックで1Lのお茶が作れるので、おおむね1日の水分補給が賄えます。

 

ミネラルやビタミンを多く含むため疲労感を軽減させるにも良いのですね。

 

心身ともに効果のある健康茶というわけです。

 

創業35周年記念のボタニカルセットは、万能茶5包に十二穀米2パックで500円(税込・送料無料)ですので、本格的に飲み続けることができるかどうか自信がないと躊躇されている方には大変嬉しい内容です。

 

一般的に健康茶では、原材料にある有効成分を十分に抽出するために長い時間で煮出す必要があり、そのため独特な苦みや渋味が感じられやすいのですが、万能茶はほのかな甘味と香ばしさになるように組み合わされています。

 

もちろん味の好みは様々なので、シロップや蜂蜜で甘みを加えたり、レモンやミルクなどと合わせたりして、自分の好みに合わせて楽しむことができます。

 

万能茶は、一般の健康茶と同じく素材を煮出すことで有効成分を抽出します。

 

煮出せば煮出すほど有効成分がより抽出されますが、長い時間煮出すと渋さと苦さが強くなり、飲みにくくなるのも事実です。

 

茶葉から煮出すドクダミなどは、お湯が沸騰していれば浸すだけで、それなりに抽出できます。

 

趣旨から煮出すはと麦などは、水に入れて火にかけてじっくり長い時間煮出さないと有効成分を抽出できないのもあります。

 

植物の葉や花から作る健康茶は、10分以下でほとんど抽出することができ、植物の種子や根茎など硬い原材料や大きくて厚さがある材料は、長い時間煮出すようにするのがセオリーです。

 

 

 

page top