村田園の万能茶の原材料にあるハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、

村田園の万能茶の原材料にあるハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、

利尿作用があります。

 

 

そのため余分な水分は体にため込まれず、体のむくみの解消に期待できます。

 

でも、むくみ解消に飲むなら温めて飲みましょう。

 

冷たい状態で飲むと体が冷えて体の巡りが良くないことの恐れがあります。

 

こういったことから女性が悩みがちな顔や手足のむくみを解消してくれる万能茶は、日々の生活に疲れた女性にぜひ飲んでもらいたいと思います。

 

万能茶は、普通の健康茶と一緒で素材を煮出すことで健康に良い成分を得ます。

 

長い時間煮出すことで、有効成分がたくさん抽出できますが、それが長時間だと苦味と渋みが強調されて、飲みにくくなるのも事実です。

 

茶葉から煮出すドクダミなどは、お湯が沸騰していれば浸すだけで、抽出されます。

 

ハトムギ茶のように種子から煮出すタイプは、水に入れて火にかけて時間をかけじっくりと煮出さないと有効成分を抽出しにくいものもあります。

 

植物の茎、花、葉が材料の健康茶は、10分以下で抽出されるものがほとんどで、植物の種子や根茎など硬い原材料や大きくて厚さがある材料は、時間をかけて煮出すようにするのが基本です。

 

ふつうの健康茶は、原材料にある有効成分をしっかりと抽出するため長い時間で煮出す必要があり、それによって苦さや渋さが強く感じられやすいのですが、村田園の万能茶はほのかな甘味と香ばしさになるように組み合わされています。

 

とは言え、味の嗜好性は様々なので、シロップや蜂蜜で甘みを加えたり、ミルクやレモン等と一緒に飲んだり、自分の好みに合わせて楽しむことができます。

 

どくだみを煎じて飲むお茶は、便秘解消のお茶として販売されていますが、飲みすぎるとお腹をこわすことがあります。

 

しかし、万能茶のようにどくだみ以外にも何種類かの素材が使われたお茶なので、どれか1つを飲み過ぎてしまうリスクはないです。

 

お茶でもなんでも食べ物は、健康にいいからといって特定の何か1つだけにこだわって規定以上にたくさん摂るのではなく、適量を毎日摂る、それを続けることで症状の緩和や良好な状態になることを覚えておきましょう。

 

万能茶は30年以上ににわたり、現在も多くの方に愛されている長寿商品です。

 

カフェインもカロリーもゼロですので、飲む人を選ばず、一袋で1杯200ミリリットルを120杯分作れるので、とても経済的です。

 

最近は、健康志向の人が多いので手軽に飲める健康茶が主流になりつつある傾向で、村田園の万能茶は多くの人に愛飲されている健康茶です。

 

村田園万能茶はカフェインが入っていないので、妊婦さんも安心していただくことができます。

 

カフェインフリーの飲み物は全般的に値段が高いですが、万能茶はコストパフォーマンスにも優れているので、その点も良いですよね。

 

それに美容にいいと言われる成分、日々スッキリできる痩身作用の支援成分などと靴具ぎ気分を味わえる成分も含まれています。

 

そのため、産後の美容対策、ダイエット、イライラ対策にいただくのも大変良いお茶だと思います。

 

村田園の万能茶の特徴として、便秘改善、高血圧の快方、良質な水分摂取、アレルギー症状(花粉症など)、無理をしない痩身があります。

 

水分摂取のため紅茶、コーヒー、加糖したジュースなどは、手近で便利なのでつい利用してしまいますが、健康のことを考えるとこれらは、決して良いものではありません。

 

砂糖が使われている飲み物で太ったり、人によってはカフェインのせいでトイレの回数が増えると逆に水分が不足になりえます。

 

そういった意味で万能茶は、100%天然素材でできておりノンカロリー、ノンカフェインなので、子供や妊婦さんでも安心です。

 

万能茶をはじめ、これまで健康茶などに手を出したことがなかったという人は、ジュースばかり飲むのは体に良くないけれど、麦茶や緑茶などを飲むのであれば無駄な糖質や脂質は入っていないからそれで十分なのでは?

 

と思っている人が一定数いるようです。

 

でも万能茶の特徴を知ると驚きます。

 

美味しいし飲みやすいし一日に何度か毎日飲んでも飽きないし、そして健康にも良い成分が多く使われているからです。

 

 

 

page top