村田園の万能茶は健康維持に効くお茶です。

村田園の万能茶は健康維持に効くお茶です。

天然の良質な原材料が使われています。

 

 

美容サポートに良いとされる素材3種類、体の巡りに良い3種類の原材料、グズグズ&リラックスをサポートする素材3種類、その他の素材7種類の合計16種類もの体調維持に効く素材が使われています。

 

こういった健康茶は続けられないと効果はなく、味がまずいなど飲みづらいと続けられず効能を実感する前に諦めてしまうものも少なくないですが、村田園の万能茶は効能だけでなくたくさんの愛飲者がいるように美味しくて飲みやすいから続けられると評価が高いです。

 

村田園の万能茶は、一般の健康茶と同じく素材を煮出すことで健康に良い成分を得ます。

 

煮出せば煮出すほど有効成分がたくさん抽出できますが、それが長時間だと苦味と渋みが強調されて、飲みづらいことも良くあります。

 

ドクダミ茶のように茶葉から煮出すタイプは、沸騰したお湯に浸すだけで抽出されます。

 

趣旨から煮出すはと麦などは、水に素材を入れて火にかけ時間をかけじっくりと煮出さないと有効成分を抽出できないのもあります。

 

植物の葉や花から作る健康茶は、5〜10分程度で抽出されるものがほとんどで、根茎や種子など硬かったり厚みがある材料なら時間をかけて煮出すことが基本です。

 

村田園万能茶の原材料にあるハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、利尿作用があります。

 

その作用によって過剰な水分は体にため込まれず、顔や手足のむくみを減らすことに貢献してくれます。

 

でも、むくみ解消に飲むなら必ず温めてから飲むこと、冷えたものだと胃腸が冷えて体の巡りが良くないことになってしまいます。

 

それに注意して女性が悩みがちな顔や手足のむくみを解消してくれる万能茶は、日々の生活に疲れた女性にぜひ飲んでもらいたいと思います。

 

万能茶には、ハブ茶が使われています。

 

ハブ茶は、下剤にも使用されている漢方の一種です。

 

ハブ茶にはアントラキノン誘導体という成分が含まれていて、その成分は胃で吸収されず、腸内運動を活発にして便をゆるくしてくれます。

 

また、とうきび(とうもろこし)や大麦は、それらには食物繊維が多く含みますからやはり腸の活動の助けになりますよね。

 

大麦にはカリウムも含まれいて利尿作用が期待でき、身体の巡りをよくしてくれます。

 

キチンと消化してキチンと出す、という働きは良いですね。

 

村田園の万能茶のボタニカルセットは一包18グラムで約1リットルのお茶を煮出すことができ、おおむね1日の水分補給が賄えます。

 

ビタミンやミネラルが豊富なため疲労感を軽減させるにも良いのですね。

 

心身ともに効果のある健康茶というわけです。

 

創業35周年記念のボタニカルセットは、500円で万能茶18g×5個と健康十二穀米2つは付きますので、自分の体に合うかどうか分からないからと躊躇されている方には都合の良い企画です。

 

村田園の万能茶にはセンナ(中毒性あり)は使われておらず、どくだみ、くま笹、はぶ茶など、副作用の少ない整腸作用のある原材料が使われています。

 

そういった意味で安心して飲むことができ、小腸や大腸に優しく効いて便秘を解消していくため、お通じに悩んでいる人や胃腸が弱いという自覚がある人におすすめできる商品です。

 

万能茶に含まれている柿の葉には、ビタミンCが多く含有し、肌トラブルに効果があります。

 

それとハトムギには、たんぱく質やカリウム等が都合よく含まれているため美肌作りには期待できます。

 

痩身志向は、食べたものをお腹に溜めておかないという考え方があります。

 

万能茶に使われているとうきび、大麦、ハブ茶の主な作用によって腸内を活性化させることが期待できます。

 

併せて16種類の穀物、和漢植物、野草などを合わせ使うことで、健康維持に最適な飲み物になっています。

 

なぜなら、これらは排便や排尿の助けとなり、結果的にはお腹の見た目が、スラっとしてくると期待できるわけです。

 

また、やかんで大量に作るだけで、ホットでもアイスでも飲めるという気軽さは、ダイエットは継続することが大切という点を基本事項もカバーしています。

 

万能茶はカフェインを含む素材は不使用ですから赤ちゃんも飲むことができるうえ赤ちゃんの便秘対策にもなります。

 

小さい頃から習慣にすれば、糖分が多いジュースは飲み過ぎの防止ができます。

 

そうすれば、糖分の取り過ぎを気にすることもないので、虫歯を防げますね。

 

糖分は含まれませんが、甘さをほんのり感じることができるので、小さい子供でも飲みやすいです。

 

それで子供にも好まれるお茶になっているのですね。

 

妊娠中でも出産後でも年配者も赤ちゃんでもずっと飲み続けることができるお茶です。

 

 

 

page top