村田園万能茶にはセンナ(中毒性あり)は使われておらず、どくだみ、

村田園万能茶にはセンナ(中毒性あり)は使われておらず、どくだみ、

はぶ茶、くま笹など、副作用の少ない整腸作用のある原材料が使われています。

 

 

そういった意味で安心して飲めて、小腸や大腸に優しく効いて便秘を解消していくため、お通じに悩んでいる人や胃腸が弱いという自覚がある人におすすめできる商品です。

 

万能茶に含まれている柿の葉には、ビタミンCが多く含有し、肌荒れやニキビの改善に効果があります。

 

また、ハト麦は、タンパク質・カリウムなどがバランス良く含まれているため健康的な肌のために期待できます。

 

万能茶は、健康飲料と呼ばれるもので、いろいろな自然由来の原材料が配合されています。

 

生薬や漢方が少なくても16種類ブレンドされていて煮出しますが、好みやその時体調に合わせて煎じ方を変えて、自分に合った状態で飲めます。

 

健康食品が注目されている中、何かと忙しい人にとって万能茶は気軽に健康成分を摂取できるのでとても重宝します。

 

しかし、万能といっても薬のような即効性はないため、毎日飲み続けることが大事です。

 

毎日飲むのは厳しいなと気が引けるかもしれませんが、まずは1日に1杯だとしても無理せず始めていきましょう。

 

万能茶には、ハブ茶が使われています。

 

ハブ茶は、酷い便秘の際に処方される漢方薬です。

 

なぜ、ひどい便秘に良いかというとアントラキノン誘導体という成分が含まれていて、アントラキノン誘導体は消化されずに小腸まで届き、腸を刺激するので排便を促します。

 

また、とうきび(とうもろこし)や大麦は、それらには食物繊維が多く含まれていますので、やはり腸の活動の助けになりますよね。

 

さらに大麦にはカリウムもあるので利尿作用が期待でき、身体の巡りをよくしてくれます。

 

食べたら余分なものはキチンと出す、という働きは良いですね。

 

村田園村田園の万能茶に含まれているハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、利尿作用があります。

 

そのため余分な水分は体にため込まれず、顔や手足のむくみを減らすことに貢献してくれます。

 

でも、むくみ解消に飲むなら温めて飲みましょう。

 

冷えたものだと体が冷えて体の巡りが良くないことになってしまいます。

 

こういったことから女性が悩みがちな顔や手足のむくみを解消してくれる村田園万能茶は、日々の生活に疲れた女性にぜひ飲んでもらいたいと思います。

 

万能茶の素材には、甜茶も使われています。

 

甜茶はマグネシウムを含んでいて、一般的にマグネシウムは、便を柔らかくする作用があると言われ、病院でも処方される便秘薬として重宝されるミネラル(必須元素)です。

 

また、万能茶の素材にはドクダミもあり、ドクダミ茶は昔から便秘解消のお茶として知られています。

 

同様に田舎麦は胃腸に優しく作用して、それととうきびとウーロン茶は食物繊維を含むので、万能茶は便秘対策に有効と評価が高いのです。

 

それぞれの素材は、単独のお茶としても親しまれ、飲んでも便秘解消の効果がある訳ですが、それらを一緒に摂ることにより素材同士が助け合う形で便秘が改善できするのだろうと思われます。

 

一般的に健康茶では、それに含まれる有効成分をしっかりと抽出するため煮出す時間は長めである必要があって、そのため独特な苦みや渋味が出やすいのですが、万能茶はほのかな甘味と香ばしさになるように組み合わされています。

 

もちろん味の好みは様々なので、シロップや蜂蜜で甘味をつけたり、ミルクやレモン等と一緒に飲んだり、美味しいと思える飲み方で飲むことができますよ。

 

村田園万能茶は健康状態を改善していくいろいろな成分が多く含まれています。

 

その中でもとくにミネラルやビタミンが豊富で、新陳代謝を高めることにも効果的です。

 

こういった成分を摂取していくことにより、例えば「風邪をひきにくくなった」風邪をひきにくい、「便秘が解消された」お通じが良くなった、など等、普段の生活に広く改善が期待できる健康茶として知られています。

 

村田園の万能茶はカフェインフリーのため妊娠されている方も不安なく飲むことができます。

 

ノンカフェインの飲み物は全般的に値段が高いですが、万能茶はコストパフォーマンスにも優れているので、その点でも安心できます。

 

それに美容にいいと言われる成分、スッキリに毎日導き痩身作用の支援成分などと気持ちをリラックスさせる成分も配合されています。

 

そのため、産後の美容対策、ダイエット、イライラ対策に飲むのにも大変良いお茶だと思います。

 

 

 

page top