村田園万能茶に使われている原材料は自然由来で、美容のために「はと麦/柿の葉/桑の葉」の3種類、

村田園万能茶に使われている原材料は自然由来で、美容のために「はと麦/柿の葉/桑の葉」の3種類、

スッキリをサポートするハブ茶、とうきび、大麦の3種類、グズグズ&リラックスをサポートする桑の葉、あまちゃづる、ウーロン茎の3種類、その他に大豆、くま笹、クコ、浜茶、どくだみ、甘草、甜茶の7種類の合計16種類です。

 

 

あなたが健康いるための効能を発揮するお茶です。

 

天然素材で、人工的に合成していないお茶ですのでなお安心ですね。

 

万能茶にはセンナ(中毒性あり)は使われておらず、どくだみ、はぶ茶、くま笹など、副作用の少ない整腸作用のある薬草からできています。

 

その点で不安なく飲めて、腸に優しくゆるやかにお通じを促すため、お通じに悩んでいる人や胃腸が弱いという自覚がある人にお勧めできるお茶です。

 

万能茶に含まれている柿の葉には、ビタミンCが多く含有し、肌トラブルに効き目があります。

 

それとハトムギには、たんぱく質やカリウム等が都合よく含有しているため美肌作りには期待できます。

 

村田園村田園の万能茶はカフェインを含む素材は不使用ですから赤ちゃんも飲むことができるうえ赤ちゃんにありがちな便秘の対策にもなります。

 

また、習慣づけることで子供に好きそうな甘いジュースを飲み過ぎの防止ができます。

 

すると過剰な糖分を心配することもなく、虫歯を防げますね。

 

糖分は含まれませんが、ほんのり甘いお茶なので、小さい子供でも飲みやすいです。

 

人気が高いのもうなづけますね。

 

妊娠中から産後、年配者も赤ちゃんでもずっと飲み続けることができるお茶です。

 

万能茶には、食物繊維が多いハトムギやドクダミ(排便を促す)、腸の機能を改善する作用がある田舎麦などが配合されているので、便秘の改善に効果が期待できます。

 

また、ドクダミやハトムギにはむくみを解消する効果もあるので、便秘解消と合わせてデトックス効果が期待できます。

 

しかし万能茶はいわゆる健康茶ですから処方薬とは違い実感できる効果が数日で出るということではないです。

 

日々継続することが大切になります。

 

太り気味の人にとって村田園万能茶は、ありがたい痩身効果のある成分も多く含まれており、糖質、脂肪、塩分を摂取し過ぎと言われている現代人にも、万能茶は魅力的な商品と言えるでしょう。

 

私の父の体験談として、高血圧に悩んでいながら万能茶を飲み続け、徐々に血圧が安定してきたと成功体験もありました。

 

今でも飲み続けており、昔よりも身体の調子が良い日が続いているようです。

 

万能茶に含まれているハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、排尿を促す作用があります。

 

そのため余分な水分は体にため込まれず、体のむくみの解消に期待できます。

 

でも、むくみ解消に飲むなら温めて飲みましょう。

 

冷たい状態で飲むと体が冷えて血流や水分代謝が滞ることの恐れがあります。

 

こういったことから多くの女性が持つ顔や手足のむくみを改善する万能茶は、日々の生活に疲れた女性におすすめしたいと思います。

 

ダイエットには、しっかり食べて不要な分はきちんと排出するというのが理想です。

 

村田園村田園の万能茶の素材にあるハブ茶、とうきび(とうもろこし)、大麦の基本作用により腸内を活性化させることが期待できます。

 

併せて16種類の野草や和漢植物、穀物を配合することで、健康維持に最適な飲み物になっています。

 

これらの成分のおかげで、排便や排尿の助けとなり、結果的にはお腹の見た目が、スラっとしてくると楽しみなわけです。

 

また、やかんで大量に作るだけで、作り置きして飲みたいときに飲めるという気軽さは、ダイエットは継続することが大切という点を満たしているというわけです。

 

村田園万能茶の効能は、、便秘改善、高血圧の快方、良質な水分摂取、アレルギー症状(花粉症など)、無理のないダイエットがあります。

 

水分摂取のため紅茶、コーヒー、加糖したジュースなどは、自販機でも買えて手に入りやすいのでつい利用してしまいますが、健康のことを考えるとこれらは、決して良いものではありません。

 

砂糖が使われている飲み物で太ったり、人によってはカフェインのせいでトイレの回数が増えると逆に水分が不足になりえます。

 

その点、村田園の万能茶ならば、自然由来の原材料100%でノンカロリー、ノンカフェインなので、妊娠中の女性でも子供でも飲むことができます。

 

 

 

page top