村田園万能茶の特徴として、便秘改善、血圧の安定、良質な水分摂取、

村田園万能茶の特徴として、便秘改善、血圧の安定、良質な水分摂取、

アレルギー症状(花粉症など)、無理のないダイエットがあげられます。

 

 

水分摂取のため紅茶、コーヒー、加糖したジュースなどは、手近で便利なので利用しがちですが、健康のことを考えるとこれらは、決して良いものではありません。

 

砂糖が使われている飲み物で太ったり、場合によってはカフェインのせいでトイレの回数が増えると逆に水分が不足になりえます。

 

そういった意味で村田園万能茶は、自然由来の原材料100%でカフェインもカロリーもないので、子供や妊婦さんでも安心です。

 

ふつうの健康茶は、それに含まれる有効成分をしっかりと抽出するため長い時間で煮出す必要があり、そのため独特な苦みや渋味が出やすいのですが、万能茶は、ほど良い甘み、それと香しさが出るよう調合されています。

 

もちろん味の好みはそれぞれですので、ハチミツやシロップで甘味をつけたり、ミルクやレモン等と合わせたりして、美味しいと思える飲み方で楽しむことができます。

 

村田園の万能茶は甜茶が使われています。

 

甜茶はマグネシウムを含んでいて、マグネシウムは便を柔らかくするため病院でも処方される便秘解消の薬として利用されるミネラル(必須元素)です。

 

それとドクダミも使われていて、ドクダミ茶は昔から便秘解消のお茶と広く愛飲されています。

 

同じように田舎麦は胃腸の機能を改善し、食物繊維を服もウーロン茶ととうきびのおかげで、万能茶は便秘対策に有効と評価が高いのです。

 

それぞれの素材は、単独のお茶としても親しまれ、便秘解消を実感された愛飲者が多数いるのですが、万能茶は同時に飲めることで素材同士が助け合う形で便秘解消に役立つのではないかと思います。

 

万能茶の良い点には、続けられるということがあります。

 

いくら健康に良いと言われても味がマズければ続けるのは無理です。

 

続けられなければ、何の実感も期待できません。

 

村田園の万能茶を飲み続けている人の多くは、味が美味しいので続けやすいという評価です。

 

さらに、健康にも良いのであれば飲まない理由はないでしょう。

 

いつもの飲み物を村田園村田園の万能茶にすれば美容にも健康にも良いので、ご家族全員にお勧めです。

 

万能茶に使われる素材には、ハブ茶もあります。

 

ハブ茶は、下剤にも使用されている漢方の一種です。

 

ハブ茶にはアントラキノン誘導体という成分が含まれていて、アントラキノン誘導体は消化されずに小腸まで届き、腸を刺激するので排便を促します。

 

また、とうきび(とうもろこし)や大麦は、それらには食物繊維が多く含みますからこちらも排便の役に立ちます。

 

さらに大麦にはカリウムもあるので利用の作用があり、適切な排尿は体の巡りを良くします。

 

キチンと消化して出すべきものは出す、という点で優れていますね。

 

万能茶は身体の調子を向上させるいろいろな成分がたくさん含まれています。

 

そのうち特にビタミン、ミネラルが多く含まれ新陳代謝を高めることにも効果的です。

 

これらを程よく少しずつ摂ることで、例えば肌トラブルの改善、「肌の状態が良くなった」「便秘が解消された」お通じが良くなった、など等、普段の生活に広く恩恵を与えてくれる飲料として愛されています。

 

村田園村田園の万能茶に含まれているハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、排尿を促す作用があります。

 

その作用によって過剰な水分は体にため込まれず、体のむくみの解消に貢献してくれます。

 

ただし、むくみの解消目的であれば必ず温めてから飲むこと、冷えたものだと胃腸が冷えて体の巡りが良くないことの恐れがあります。

 

こういったことから多くの女性が持つ足や顔のむくみを改善する村田園の万能茶は、日々の生活に疲れた女性におすすめしたいと思います。

 

万能茶は、一般の健康茶と同じく煮出すことによって健康に良い成分を得ます。

 

長い時間煮出すことで、有効成分がたくさん抽出できますが、長い時間煮出すと渋さと苦さが強くなり、飲みにくくなるのも事実です。

 

茶葉から煮出すドクダミなどは、沸騰したお湯に浸すだけで抽出されます。

 

趣旨から煮出すはと麦などは、水に入れて火にかけてじっくり長い時間煮出さないと健康に良い成分を抽出しにくいものもあります。

 

植物の茎、花、葉が材料の健康茶は、10分以下でほとんど抽出することができ、植物の種子や根茎など硬い原材料や大きくて厚さがある材料は、長い時間煮出すことが基本です。

 

 

 

page top