村田園村田園の万能茶は、普通の健康茶と一緒で素材を煮出すことで健康に良い成分を得ます。

村田園村田園の万能茶は、普通の健康茶と一緒で素材を煮出すことで健康に良い成分を得ます。

煮出せば煮出すほど健康に良い成分がより抽出されますが、長い時間煮出すと渋さと苦さが強くなり、飲みづらいことも良くあります。

 

 

茶葉から煮出すドクダミなどは、沸騰したお湯に浸すだけで抽出されます。

 

趣旨から煮出すはと麦などは、水に入れて火にかけてじっくり長い時間抽出しないと有効成分を抽出しにくいものもあります。

 

植物の葉や花から作る健康茶は、10分以下で抽出されるものがほとんどで、植物の種子や根茎など硬い原材料や大きくて厚さがある材料は、長い時間煮出すことがセオリーです。

 

WEB限定パッケージの万能茶は1パックで1Lのお茶が作れるので、おおむね1日の水分補給が賄えます。

 

ビタミンやミネラルが豊富なため倦怠感を軽くすることができます。

 

心身ともに効果のあるお茶なのだと思います。

 

創業35周年記念のボタニカルセットは、500円で村田園村田園の万能茶18g×5個と健康十二穀米2つは付きますので、本格的に飲み続けることができるかどうか分からないからと躊躇されている方には都合の良い企画です。

 

万能茶の原材料にあるハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、排尿を促す作用があります。

 

その作用によって過剰な水分はため込まれることなく、顔や手足のむくみを減らすことに貢献してくれます。

 

ただし、むくみの解消目的であれば温めて飲みましょう。

 

冷たい状態で飲むと体が冷えて血流や水分代謝が滞ることになってしまいます。

 

それに注意して多くの女性が持つ顔や手足のむくみを解消してくれる村田園万能茶は、日々の生活に疲れた女性にぜひ飲んでもらいたいと思います。

 

村田園の万能茶はカフェインフリーのため妊婦さんも安心して飲むことができます。

 

カフェインフリーの飲み物は割高なものが多いですが、万能茶はコスパにも優れているので、その点も良いですよね。

 

また、美容サポートにいいと言われる成分、日々スッキリできる痩身作用の支援成分などと気持ちをリラックスさせる成分も含まれています。

 

そのため、たとえば産後にきれいな体系に戻したいとか、育児のイライラを緩和するために飲むのにもとっても向いていますね。

 

どくだみを煎じて飲むお茶は、便秘解消のお茶として販売されていますが、飲み過ぎによってお腹をこわすことがあります。

 

しかし、万能茶のように何種類かの素材がブレンドされたお茶なので、どれか1つを飲み過ぎてしまうリスクはないです。

 

お茶に限らず、食品は健康にいいからといって特定の何か1つだけにこだわって1度に大量摂取するより、適量を毎日摂る、継続して摂ることが症状の緩和や良好な状態になることを覚えておきましょう。

 

村田園の万能茶に含まれる原材料は自然由来で、美容のために「はと麦/桑の葉/柿の葉」の3種類、スッキリのために「ハブ茶/とうきび/大麦」の3種類、グズグズ&リラックスをサポートする桑の葉、あまちゃづる、ウーロン茎の3種類、その他に大豆、くま笹、クコ、浜茶、どくだみ、甘草、甜茶の7種類の合計16種類です。

 

健康な体調を維持するの効能を発揮するお茶です。

 

天然素材で、人工的に合成していない健康茶なので安心して飲めます。

 

万能茶は、肥満気味の人にとってはありがたいダイエット効果成分も多く含まれており、糖質、脂肪、塩分を取り過ぎ気味と言われている現代人にも、万能茶は魅力的な健康茶と言えます。

 

私の父の体験談として、高血圧を患っていながら村田園の万能茶を飲み続け、いつの日か「高血圧も改善された」と成功体験もありました。

 

今も継続していて昔よりも身体の調子が良い日が続いているようです。

 

村田園万能茶には、ハブ茶が使われています。

 

ハブ茶は、下剤にも使用されている漢方の一種です。

 

なぜ、ひどい便秘に良いかというとアントラキノン誘導体が含有しているからです。

 

その成分は胃で吸収されず、腸を刺激するので便をゆるくしてくれます。

 

また、とうきび(とうもろこし)や大麦は、それらには食物繊維が多く含まれていますので、やはり腸の活動の助けになりますよね。

 

大麦にはカリウムも含まれいて利用の作用があり、身体の巡りをよくしてくれます。

 

キチンと消化して出すべきものは出す、という点で優れていますね。

 

 

 

page top